Pick Up ~adidas / CAMPUS~

定番とは言えないまでも、
多少の仕様を変えながら継続モデルとしてリリースされている
adidas CAMPUS。

C.Black×FtwWhite×C.White
9,990yen+tax

GreyThree×FtwWhite×C.White
9,990yen+tax

CollegiateBurgundy×FtwWhite×C.White
9,990yen+tax

当店としては展開したりしなかったりで、
特にこの定番カラーはここ数シーズンお休みしていました。

僕たちの商品の仕込みはその時々に行っているわけではなく、
ナショナルブランドだとだいたい6~7ヶ月前に行われる展示会で仕込んでいます。

極端だと入荷した時に”あれ…?こんな商品あったかな…”なんて忘れていることも。

という流れの中で、
このシーズンの展示会で何故か久しぶりに”履きたい!”と盛り上がったこのモデル。

そして半年後の今入荷したこのタイミングで、
その時の熱がどれぐらい残っているか?
と思いましたが、
変わらないどころか更に履きたい欲は高まっていて、
それには個人的に昔から大好きなPUMA SUEDEの盛り上がりが
この2021年に仕掛けられていたことも一つでした。

90年代のadidas CAMPUSとPUMA SUEDEの、
極端に言うと”派閥”のような物まで生んだ盛り上がりは、
このモデルたちが好きな方々には周知のことではあるんですが、
一番大きかったのは1992年にリリースされた
Beastie Boysの3rdアルバム『Check Your Head』の
ジャケット写真やそれ用のフォトセッションから。

中央のAd-RockがPUMA SUEDEを、
左右のMike D、MCAがadidas CAMPUSを着用し、
既にストリートシーンで認知されていた両モデルの人気を一気に押し上げます。

僕はPUMA SUEDE派で、
90年代にはやっぱり周りのCAMPUS派の人たちとは討論していました。

なので長年、特に90年代にはこのCAMPUSというモデルに
食指が動いた事はほとんどありませんでした。

もちろん当時履き比べてみて
PUMA SUEDEの方が足に合ったというのも大きかったんですが、
何となく”メジャーのadidas、マイナーのPUMA”感があって、
捻くれ者の僕はPUMAに走ったというのが本当のところ。

なのに今CAMPUS。

しかも少し前にリリースされてた80sなどに比べると
個人的にはスペック落ちしたとすら感じながら。

それはここ数年のレア物やハイプなスニーカーの流れを見ていて出た
『疲れ』の様なものなのかなとも思います。

気に入ったら特価でも喜んでまとめ買いして、
雨の日だろうが気にせず履いて、
履き潰したら捨てて次、
みたいな日常の中で体の一部のようなスニーカーとしての本来の姿。

でもホームセンターに売っている靴の様に本当にダサいわけじゃなくて、
ボロボロになっても格好良い背骨を持っていて、
ファッションアイテムとしての役割を兼ね備えているような。

そこに決してこれが安いとは言いませんが、
今になってこの10,000円を切ったCAMPUSがツボにハマったということ。

いつでも買える(いつ展開休止になるかは分かりませんが)という
安心感のある定番カラーをボロボロクタクタに履きこなしていって、
そこに派手なカラーや柄物を買い足していく様な。

その流れが今季新たに生まれ変わり、
こちらもジャスト10,000円というPUMA SUEDE VTGと共に、
奇抜さやレア感転売価値からかけ離れた、
ファッションとしての自然体の格好良さを見直すきっかけになればと思います。

Online Store on BASE→こちら
Follow BASE Store(new information arrive)→こちら
ヤフオクストア→こちら
Yahooショッピング→こちら
出品強化中!!
New!!メルカリShop→こちら

出品中の商品はこちら
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
BACKWOODS ~Shoes Select Shop~
熊本市中央区上通町8-7→Map
096-342-5942
Open-Close
12:00-20:00 不定休
Check our !!→Link
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏



2021-05-16 | Posted in BlogNo Comments »