Question ~”インライン”とは?~

先日アップした『SNEAKER SPEAKER』についての記事内でも出てきて、
スニーカー雑誌等でも時々目にする言葉『インラインモデル』

店頭でも何度か質問を受けましたのでお答えします。

 

簡単に言うとインラインモデルとは”カタログに掲載されているモデル”の事。

一般の方はなかなか目にする機会もないかもしれませんが、
僕たちは展示会に行くとカタログを貰います。

ブランドによって様々ですが、
最近では紙媒体のカタログを使用しないブランドもあります。
(それでも電子媒体のカタログは存在します)

そのカタログに掲載されているモデルが”インラインモデル”

「それ以外って?」と思われると思いますが、
このカタログ掲載モデル以外には、
『別注モデル』『限定モデル』『国内未発売モデル』などがあります。

『別注モデル』とは各ショップやアパレルブランドなどが、
自社オリジナルモデルとして特別に製作したモデル。

その流通はほぼ別注をかけた依頼元が占める為、一般的には流通しません。
もちろん展示会にその商品が並ぶことはありません。

 

『限定モデル』とは、”ショップ限定”や”地域限定”などその販路を限定する商品。

別注モデルとは違って、そもそもの企画としては販売される予定であったものを、
展示会前に特定の企業やショップが独占的に販売を押さえたモデルやカラーも含まれます。

別注モデルも”限定モデル”の一部とも言えます。

それらとは別に、展示会には並ばなかったけれど当該シーズン直前にリリースが決まるモデルもあります。
臨時発売モデルとも言えるこういったモデルも一部ショップなどでリリースされることがほとんどです。

 

『国内未発売モデル』とはその名の通り、日本では展開されないモデルやカラーの事。

日本の市場規模だと、
例えばNIKE一つ取ってみてもアメリカ本国で発表された全てのモデルやカラーを展開するのは不可能。

それを展示会が行われる前に”日本向け”に各日本の代理店が展開を絞り込むのですが、
その選択から外れたモデルやカラーが”国内未発売”となります。

もちろん日本で発売されないだけなので、
海外には途方もない数の国内未発売モデルがあります。

これらを”並行輸入”という形で国内で販売されると国内では入手しづらいこともあって、
“レアモデル”として付加価値がつくことも多々あります。

 

全てにおいて「限定モデルだから」「国内未発売モデルだから」格好良いモデルか?
と言われれば一概にそうとは言えず、
国内の展開から外れるべくして外れたモデルも多いのですが、
なにせ半年以上前にこの展開は決まるので、そのシーズンになると流行が変わっていて、
“国内未発売”となったモデルの中にトレンドとなる商品が入ってしまうことも。

そして「他人と被りたくない」という希少性を求めていくと
こういったモデルを探す方が多いのも分かる気がします。

 

そしてこれらに属さず、国内でしっかりカタログに掲載され展示会に並び、
正規の販売ルートをもって流通するモデルが『インラインモデル』と呼ばれる商品になります。

現在はそのインラインモデルの中でも”セグメント”などと呼ばれるモデルによる格付けがあり、
ショップごとの”色分け”が整備されつつあります。

 

“激レアモデル”等の言葉に踊らされすぎると、最近はフェイクも出回っていますし、
海外からの個人輸入によるトラブルも多々耳にします。

コレクター的な方はまた別ですが”ファッションの一部としての靴”と考えると、
限定や別注、インラインモデルという区分けは極端に意識せず、
純粋にそのデザインやカラーリング、そしてせっかくのスニーカーであれば
その機能性を”ファッションアイテム”として楽しんで欲しいと思います。

当店でも限定モデル・海外モデル、そしてインラインモデルの垣根を越えて展開しています。

ご来店お待ちしています。

shop_r

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
BACKWOODS ~Shoes Select Shop~
熊本市中央区上通町8-7→Map
096-342-5942
info@backwoods.jp
Open-Close
Weekday&Saturday→12:00-20:00
Sunday&PublicHoliday→11:00-19:00
不定休
BACKWOODS Official Online Store
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏



2016-11-10 | Posted in QuestionNo Comments »