3日間の出張を終え vol.2

時間が経ちましたが先日の出張第二弾です。

気絶したホテルで目覚め、
昨夜の疲れを癒そうと朝からゆっくりと風呂に入り、
久しぶりにホテルの朝ごはんを食べながら、
adidas・Reebokの展示会に同行することになった
マグフォリア山田サンの迎えを待機。

8:30。
迎えに来てくれた山田サンの車に乗り込み一路東京へ。

聞けばほとんどの展示会には藤枝から車で行っているとのこと。
電車やバスが嫌いだそうです 笑

高速に乗り、東京までの道のりもずっと雑談。
何せまだ面識も2回目。

知りたいこともたくさんあり、
それは昨年10周年を迎えたお店のことであったり、
僕よりも近い距離で業界と接している経験談であったり、
他愛もないフェスの話であったり。

途中初めて間近に見た富士山もそこそこに、
ひたすら話していた気がします。

その一つ一つが今の僕には刺激や変革のきっかけになる
無駄のない時間でした。

六本木の会場に到着し、
一通り商品チェックをしながら共通のメーカーさんと雑談。

これもまた業界に関することやローカルショップの在り方など。
他愛ない会話も相手次第で無駄がないものだなと思いました。

ここから完全に僕の行きたいショップ巡りに、
山田サンがお付き合いしてくれることに。

1軒目は恵比寿の『PASS OVER』サン。
並行輸入品メインで、国内では入手が難しい商品を揃えているショップ。

SNSで見ていてずっと気になっていたお店。

幸いオーナーと山田サンが仲良く、
一緒に行ってもらって良かったなと思いました。

実際店につくと想像よりはるかに小さな店内で、
その中に密度濃く商品が陳列してありました。

関西弁でゆったり淡々と話すオーナーさんの雰囲気は、
小さな店内でも威圧感なく、
前日のマグフォリアさん同様、居心地の良い雰囲気でした。

東京にあってこのスタイルでやっているのも想像とは違い、
ローカルのたかが中心部にある自分の店の在り方を改めて見つめ直す点。

そこに出張前に東京のおすすめの店をアテンドしてくれると言って頂いていた
PUMA JAPANの野崎サンも合流。

instagramの”n_king”サンと当店のお客様にも有名な方。
その物に対する愛情と知識量、半端じゃないです。

野崎サンも交え、4人でしばらく立ち話をしてPASS OVERさんを後に。

次もずっと行きたくて行けていなかったショップ。
下北沢の『SOMA』サン。
ヴィンテージスニーカー好きにはたまらないお店。

道中はずっと山田サンの車で移動させてもらいながら、
野崎サン含めた3人での車内は実は意外と緊張もしていたのです。

下北沢に着き、また独特な街の雰囲気を感じ、
裏路地を抜け着いたショップは移転前(昨年移転されました)と比べても
負けずとも劣らないアングラ感。

小さな看板と目立たない立て看板。
“知る人ぞ知るで良い”と言うような雰囲気で構えていました。

店内に入るとオーナーと馴染みのある山田サン・野崎サンは早速談話を始め、
僕はその圧倒的な商品量と内容に焦点が定まらないまま物色開始。

それでもオーナー曰く「今は商品が少ない」とのこと。

福岡時代に『PRECIOUS PAIR』に通っていた時代を思い出しました。

ネットでどんなに過去のアーカイブに詳しくなって
絵に書いた火星人のように頭でっかちになっても、
この”実物に触れる”という経験無しには経験値は貯まらないなと。

ただ僕らが簡単に触れられていた時代からもう20年以上が過ぎ、
こういった触れることが出来るショップが無くなっているのも事実。

時が経てば経つほどヴィンテージスニーカーも劣化し少なくなります。

そんな事を考えていると希少価値の限定スニーカーに列を成すのも
仕方ないのかなと思う一方で、
その目の横を通り過ぎている普通のスニーカーの中に、
どれだけ将来のヴィンテージスニーカーが埋もれているかと。

今では手に入りにくい昔のスニーカーを求めるのも、
“限定〇〇足抽選販売”のスニーカーを求めるのも根っこは同じ部分もあります。

ただ何となく違うと感じるのはそこの”欲しい”に対する純粋さなのかなと。

一番違和感を感じるのは一般人でスニーカー好きを公言する人の中にも
どこかに”高く売れるやつ”が好きだとすり替わってる人がいる事。

“人から凄いと思われる”が最重要で、
自分の価値観が育たないまま手元のスニーカーが増えているんじゃないかなと。

周りがダサいと思ってても
自分がカッコイイと思えばそれが価値だと思います。

実際”店頭に山積みされて1,900円”なんてスニーカーが
今ヴィンテージになっているモデルも少なくないですからね。

もっと人と違った
自分の”カッコイイ!”を突き詰めていけば面白いなと思います。

ただ会話の中で野崎サンが言われた一言。

「今の抽選販売や転売の流れも無くなったら無くなったで
 スニーカーのブーム自体が終わるから難しいですよね。」

たしかに。
こんな馬鹿な流れ、早く終わればいいのにと思っていましたが、
好きなものを好きな人がいくらでも買えるという状態になると、
消費者の興味がスニーカーから消えるのかなとも思います。

でも抽選・転売・プレ値なんて流行語にでもなりそうな今の流れは
もう少しどうにかできるんじゃないかなと思います。

それはもちろんメーカー側のやり方によるところが大きいとは思いますが、
じゃあショップはどうか?と。

とまあこんな事を頭の中では色々考えていたのですが、
“出張録”からズレていきそうなのでこちらは割愛。

また別の機会か店頭でお話しましょう。

SOMAサンを後にして(二人共スニーカー購入していました 笑)
急遽お仕事の入った野崎サンとはここでお別れ。

山田サンが同行してくれていたとは言え、
謙遜でも何でも無く
こんなしがないローカルのちっぽけなショップの人間のために
お時間頂き本当に感謝しかありません。

小さな事なのかもしれませんが、
こういった方々の対応や動きに対しての感謝は
店を続け盛り上げていくことでお返ししていくしかないなと思います。

本当にありがとうございました。

2日目最後は夕方から合流することになっていた、
スニーカーファン年2回の楽しみで、春秋に発刊される
『SHOES MASTER』編集長・河瀬サンと合流するために新宿へ。

急遽山田サンもそのまま参加して頂けることになり、
これで丸2日山田サンとはベッタリひっつかせてもらえる事になりました 笑

新宿の居酒屋で合流後、
お酒をガブガブ飲んでも酔えない様な会話が始まりました。

(続く…)

Official Online Store→こちら
ヤフオクストア→こちら
Yahooショッピング→こちら
※5のつく日はTポイント5倍!

出品中の商品はこちら
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
BACKWOODS ~Shoes Select Shop~
熊本市中央区上通町8-7→Map
096-342-5942
info@backwoods.jp
Open-Close
12:00-20:00 不定休
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏



2019-02-01 | Posted in BlogNo Comments » 
Store location
Calendar
Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30  
Green:営業日
Pink:店休日
Orange:営業時間変更

急な営業時間変更や
臨時休業等が発生することもあります。
詳細はBlog/Instagram/facebook等
ご確認下さい。

通信販売対応とは相違があります。
発送業務に関しては基本的に
日曜・祝日の出荷がお休みとなります。
年末年始等の対応に関しましては
別途お知らせとなります。

Subscribe to blog

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

Instagram