2015下半期ランキング

2015年度の商品入荷も全て終了しましたので、
上半期に続きまして、
超主観的嗜好からのランキングを書いてみました。

当店に入荷した商品の中から選別しているので、
世の中にはまだまだ魅力的な商品があることを予めご了承下さい。

ちなみにここに上げた商品は完売して、
既にお取り寄せなどは不可能な商品もあります。

あくまでネタとしてお楽しみいただければ。

さっそく第5位。

『adidas originals / ZX750』
C.Black×Semi Solar Slime×Fox Red

2015年Fall&Winter season(2015/7~)からようやく展開スタートとなった
adidas originalsの中からマルチカラー仕様のZX750。

往年の名作トレイルランニングシューズの雰囲気を持つ絶妙な配色。

元々NIKE A.C.G.やadidas equipmentといったアウトドアライン、
更にはMERRELLやMontrail、FIVE TENなど
山系スニーカーが昔から好きなこともあり、この配色にはやられました。

 

続いて第4位。

『PUMA / SUEDE CLASSIC+ BLOCKED』
White×Periscope×Jasmine Green

“最も好きなスニーカーの一つ”として
地元タウン誌でも紹介させて頂いた『PUMA / SUEDE』

2015 Fall season modelとしてリリースされたブロックカラー。
3カラーをブロックごとに切り替えていることからこのモデル名。

個人的には最高のカラーリングだと思っています。
安っぽい表現になりますが一言で言えば”上手”

選択されたカラーとその配置。
これほどバランス良いカラーはなかなか出てこないんじゃないかと思います。

なのに第4位…。
上位が強すぎました。

秋以降密かに注目を集め始め、
定番カラーであるBlack/White、Peacoat/White、Red/Whiteも
展開店舗限定で再始動したプーマ・スウェード。

Holiday seasonにリリースされた単色モデルも捨てがたかったのですが、
スウェード素材の良さといえばその発色。

こちらはあと僅かですが在庫あります。
(サイズは極端ですが…。レディースも1足だけあります。)

 

続いて第3位。

『converse / STAR&BARS J SUEDE』
Green×White

久しぶりの復刻リリースとなった通称”JACK STAR”
こちらもスウェードモデルです。

基本的にスウェード素材のスニーカーが好きなようです。
何と言っても今シーズンのこのカラーがたまりません。

サイドに星のあるモデルといえば
『ONE STAR』の方が知名度もあるかと思いますが、
オリジナルの発売自体はこのジャックスターが先。

その後サイドの2ラインが消えてワンスターへ。

当時バスケットシューズの世界でライバルであったアディダス。
そのアディダスが発表した『adidas / SUPER STAR』に
対抗して発表されたのがこのモデル。

この2ラインも機能的な意味合いもあったのですが、
adidasの3ストライプにどこか対抗しているようにも見えます。

オリジナルは発売期間が4~5年と短く、
現存している物も少ないため目にする機会も少ないと思いますが、
2016年にかけてもカラーを変えて復刻は続きます。

マニアックに狙えるモデルの一つじゃないかと思います。

ただ”日本製”は今シーズンで一旦お休み。
ここを狙う方はお早めに。
(メンズだけですがまだ少しだけサイズあります)

 

そして第2位。

『WOLVERINE / 1000 Mile Boots』
3 color

未だスニーカーブームの中にあって、
個人的にも久しぶりに”撃ち抜かれた”感じがする1000マイルブーツ。

今シーズン初展開ブランドとなるWOLVERINE(ウルヴァリン)

国内での知名度はまだ低く、
「X-MENの…」と何度言われたか…。

10月末の入荷ながら当初から店頭での反響もかなり高く、
レザーシューズへの興味の移行すら感じられた一足。

若いお客様もここに来てブーツを探している方が多く、
その中で自信を持ってオススメできるブーツ。

随所にマニアックな箇所があり全部書くと長くなりそうなので、
要点だけ。

何と言っても美しいフォルム。
そして格好だけではない無骨で堅固な作り。
レザーの質感も年代物の骨董品を見ているかのよう。

ワークブーツ然としたラグソールやクレープソールではなく、
レザーソール仕様なことから、セミドレスといった雰囲気も併せ持ちます。

アッパーのレザーは年々味を増し、
ソールを張り替えながら一生付き合っていけるブーツ。

店頭でも良く言っていますが、
決して安価な靴ではありませんが、
価格とクオリティのバランスが非常に良い靴だと思います。

近年の革価格の高騰で、
昔とクオリティは変わらないまま価格だけが高騰しているレザーシューズも多い中、
それは稀少な事なのかもしれません。
(中にはクオリティを落として価格を維持している物もあるので御注意を…)

個人的には『CAMDEN』というケンブリッジレザーを採用した
サイドゴアブーツに期待していたのですがあえなくドロップ(発売中止)…。

この1000 Mile Bootsをガンガン履きたいと思います。

 

そして2015年下半期の第1位。

来年のスニーカー界の中で間違いなく
話題の中心の一つとなるモデルだと思います。

『adidas / TUBULAR RUNNER』
C.Black×C.Black×Ftw.Wht

2015年秋冬シーズンも少し進んだ頃、
急激にその存在感を増してきたモデル。

ただ実際にこのシーズンに展開したショップも商品数も少なく、
あまり目に触れる機会も無かったかもしれません。

チューブの形を模した特徴的なソール形状や、
前衛的なアッパーデザインだけでなく、
そのクッション性やシームレスなアッパーがもたらす
足へのストレスの少なさはファッション性だけでなく機能性も含め、
個人的には他のブランド、他のモデルから頭一つ抜けていた様に思います。

一部のスニーカーフリークや、
当店で上に書いたような暑苦しい僕の接客トークに乗っかってくれたお客様には
かなり高い評価を得ています。(と信じたい…)

来春、といってもadidasの春シーズンは早いものは12月、
本格的には1月から始まります。

そこからリリースされるTUBULAR seriesには是非注目して欲しいと思います。
そして出来るなら実機を見て触って履いて欲しいと思います。

ただの”見掛け倒し”じゃないことが分かってもらえると思います。

 

という訳で、下半期の個人的ランキングは以上です。

下半期は展開できるブランドやモデルも格段に増え、
その中から店頭でご紹介する商品をセレクトするのも本当に一苦労。

それを越えてチョイスした商品から更にランク付けをするのは更に苦労しました。

ここに上がらなかった商品の中にもたくさんの好きなモデルがあり、
また趣味趣向は千差万別なので、
もっと良いと感じて頂ける靴もたくさん展開しているつもりです。

来シーズンは更に捨て所のない展開へと向上させていきたいと思います。

 

ちなみに上半期の第1位は『KEEN / UNEEK』でした。
2015上半期ランキングはこちら↓
http://backwoods.jp/blog-2015-07-06/

写真はあまりに気に入りすぎて秋冬も展開した新作
『UNEEK 8MM』

コードが8mmと太くなって更に足当たりが快適に。

これと『adidas / TUBULAR RUNNER』のどちらかを
年間第1位に選ぶというのは、
あまりにも酷な作業なので割愛させて頂きます。

同率一位といった感じです。

このUNEEKも2016春シーズンはバリエーションも大幅に増え、
更にパワーアップします。ご期待下さい。

 

ここまで長々とお読み頂きありがとうございました。

今年最後のご挨拶と2015年全般についての感想、
2016年への意気込みについてはまた改めて。

 

Official Online Store→こちら
ヤフオクストア→こちら
Yahooショッピング→こちら
※5のつく日はTポイント5倍!

出品中の商品はこちら
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
BACKWOODS ~Shoes Select Shop~
熊本市中央区上通町8-7→Map
096-342-5942
info@backwoods.jp
Open-Close
12:00-20:00 不定休
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏



2015-12-29 | Posted in BlogNo Comments »